脱毛医療レーザーナビトップ > レーザー脱毛と針脱毛、どちらがいいの? > それぞれの特徴

レーザーと針 それぞれの特徴

針脱毛は毛包に1本ずつ金属性の細いプローブ(針状)を刺して電流を流し、毛の成長部(毛乳頭)を破壊し毛が生えないようにします。レーザー脱毛は、黒い物に光が当たると熱を発生するという原則を利用しています。

レーザーと針 それぞれの特徴の比較
  レーザー
刺激 瞬間「ピリッ」とする程度 針と燃焼の痛みが強い
処理本数 1回で約80〜150本 約15秒で1本の熱処理
1回の処理時間 両脇の場合 約5〜10分 処理範囲や時間に制限があるため、長時間拘束を要する
処理結果 10〜14日間で毛根から離脱し自然に抜け落ちる 処理しながら抜く
回数(両脇) 10回前後 30回前後
肌へのダメージ ほとんどなし 肌に赤みが出て肌を傷める
(C)Neos Corporation All Rights Reserved.